火. 9月 27th, 2022

ようやくブログに記録することが出来る。もうかれこれ一ヶ月は新しいペダルで乗っているのだけど、まぁしかし一々記録しておく時間が無いのでやっとUPすることが出来る。といっても大した内容じゃないけどね!

ブロンプトン・M6Rのペダルを純正から三ヶ島のペダルに交換した。なんで交換したかと言うと

  • 純正は見た目がちょっともっさり…
  • 純正は少々重たい…
  • 踏み心地というか足の乗せ心地が少々いまいち…(折りたたみ機構の部分が足の側面に当たるので足をペダルの中心に持ってこれない→履いてる靴の問題かもしれんけど)

ということから。5月の終わり頃に「どのペダルにしようかな〜」という記事を書いている。

ブロンプトンのペダルを交換しようと思うんだ

やはり三ヶ島のOne Side Ezyに決定した。見た目がスッキリしていて格好いいし、左ペダルは取り外せるし、純正と比べて軽量な270g(純正は406g)だし!

というわけで購入しやした。まずは純正ペダルを取り外しましょう。ペダルレンチを持っていたのでそれでグイッといっちゃいましょう。まずは右ペダルから。

外れた。同じ要領で左ペダルも外す(左ペダルは逆ネジなので時計回りで緩める)。難なく外せる。では三ヶ島ペダルを取り付けましょう。

右ペダル…装着完了!

左ペダル…ペダルレンチが入らない!

肉厚過ぎてナットの部分に入っていかない…てことで急遽ネットで三ヶ島ペダル用のペダルレンチを調達することに。

肉薄のペダルレンチ。こいつを使うと…すんなり取り付けられた!

見た目スッキリかっこいい!

左ペダルは取り外し可能。

このようにして取り付けたら

必ず付属の黄色いストッパーを取り付けましょう(じゃないと気づいたらペダル落っこちてるよ)。

シャキーン!

見た目すっきりしてかっこよくなりました。足の乗せ心地もヨシ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。