冬は食べて寝るに限ると思います。

カーメイトのドラレコ”Daction DC4000R”で毎回初期設定画面が表示される…→ファームウェアアップデートで直った!

ワシのCX-5のドラレコはカーメイトのDC4000Rじゃ。

フロント
リア

前の車ではコムテックのHDR360Gという360度撮影出来るドラレコをフロントガラスにペタッと貼り付けてたんだけど、画質はあまり良く無いし車の後ろはほぼ撮影出来ないし(ナンバーの認識とかまず無理)という感じだったので、いざという時に大丈夫かなぁと思ってたのだ。

HDR360Gの記事👇🏻👇🏻👇🏻

アクセラにドラレコ(コムテック・HDR360G)を付けてみた

という事がありCX-5は妻も乗るのでもっとちゃんと撮影出来るドラレコにしようと思って、たぶん現在販売されているドラレコの中では最高スペックに近いカーメイトのDC4000Rを買った訳です。Amazonで購入(¥50,000)して取り付けはディーラーに(¥16,500)お願いした。駐車監視機能はバッテリー上がりの原因になるとの事で今回はオプションから外してます(HDR360Gの時は付けてた)。

DC4000Rは前後の高画質カメラ(ソニー製のイメージセンサーなので夜間も明るい)プラスなんと室内を撮影出来る360度カメラも備わっていると言うなんとも至れり尽くせりなシステムなのだ。

と、万全を期していたのだがいつの間にかエンジンをかける度に初期設定→メモリーカードフォーマット、が必要になってしまった(メーカー曰くバグとのこと→後日判明)。めちゃめちゃ面倒くさい!

初期設定を終えないと録画が開始されない…

設定初期化したりSDカードのエラーかな?と思って新しい純正品を買って装着したけど解消せず…

ちな、買ったSDカードは純正の128GB。¥11,000もしたぞ…カメラ付属は32GBでこれだとそもそも録画可能時間的に容量ちょっと足りないのだな(32GBで約88分、128GBで約360分)。

カメラの故障か??と思って調べていたら別機種で同じような症状の人が「ファームウェアのアプデで直ったぞ!」との事で、このDC4000Rについてもファームウェアを調べてみたら

ver.1.1.2(2022年12月26日)提供開始

あったぞ!!(現在のカメラのバージョンはver.1.1.1)

今回のver.1.1.2での改善点は

  • 意図しないタイミングで初期設定画面が表示されるバグを改善しました
  • 動作安定性を向上させました

とのこと。お、直りそう🎵

アップデートの手順は

  1. ドラレコからSDカードを引っこ抜く
  2. メーカーサイトからアップデートデータダウンロード
  3. ダウンロードしたZIPファイルを解凍
  4. 解凍したフォルダの中にある firmware.bin ファイルを1.のSDカード内の「FIRMWARE」フォルダにコピペ
  5. SDカードをカメラに戻す
  6. エンジンをオン
  7. カメラに「ファームウェアをアップデートするか?」という表示がされるので画面の指示に従いアップデートを開始する
  8. しばし待つ(1分ぐらい)
  9. 完了!

こういう流れだ!

やってみた

メーカーサイトからファームウェアアップデートデータのダウンロード、解凍、SDカードへのコピーはAndroidスマホ上で行い、SDカードをカメラに戻してエンジンON!

アップデートデータを認識したぞ!もちYESだぁぁぁぁあ!!

しばし待つ

完了!!

完了後のバージョンを確認したらちゃんとver.1.1.2になってた。

一度エンジンを切り再度始動。

たぶんアップデート後だからか再び初期設定画面が表示される。再び車を再始動。

あ、初期設定画面が表示されなくなったぞ!成功だなこりゃ😆

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です