火. 8月 16th, 2022

絶賛アクセラからの乗り換えを検討中でございます!

そろそろ車の買い替えを考えなきゃならん感じっすねぇ〜

ペーパードライバーの奥様も運転する事を考えると、あまり大きいサイズのものはダメなわけで、やはりCX-5のサイズ感がギリギリOKのラインじゃないだろうかと思うわけだ(その制約が無かったらたぶんCX-60買ってたな。直6のやつ!)。

ということでCX-5における買うべきグレードを絞ってみた!現行ではこんな感じのグレード展開です。

20S Smart Edition
Proactive
Field Journey
Black Tone Edition
25S L-Package
Sports Appearance
Exclusive Mode
XD Smart Edition
Proactive
Field Journey
Black Tone Edition
L-Package
Sports Appearance
Exclusive Mode

現在の愛車アクセラは2200ccディーゼルエンジン搭載でパワー不足という場面は皆無で現在まで不具合無く燃費もまずまずなので全く不満はない。

なのでCX-5もディーゼルモデル一択…かと思うが

  • 本体価格が高い
  • (特に20S比)維持費が高い(自動車税、オイル交換費用等。たぶん燃料代で軽油の恩恵に預かれるほど距離は乗らないと思う)
  • ちょい乗りが多い事が想定されるのでマツダ・ディーゼルとの相性が悪い

という理由からXDは候補からは外す事にした。残るグレードはこんな感じ。

20S Smart Edition
Proactive
Field Journey
Black Tone Edition
25S L-Package
Sports Appearance
Exclusive Mode

ガソリンモデルが残る。それぞれの排気量ごとに魅力的なグレードを絞ってみる事にする。

まず絶対に欲しい装備として

  • 運転席・助手席シートヒーター
  • 運転席メモリー付きパワーシート

がある。この部分を考慮した場合

  • Smart Edition

はオプションでもこれらを装備出来ないので候補から外れる。

次に20SのProactiveとField Journey(FJ)を比べてみると、

  • 後席シートヒーター
  • ホイールがガンメタ
  • 荷室が防水仕様
  • スピードメーターが液晶

というのがプロアク比+9万円でFJには装備される。特に後席にもシートヒーターが付くのが魅力!プロアクと比べたらFJの方がコスパ良いだろう。ということで

  • Proactive

は候補から外れた。

FJとBlack tone edition(BTE)を比べてみると

  • 19インチホイール
  • 各所がブラックアウト

この違いでFJ比+4万円で手に入る。しかし後席シートヒーターが無いし荷室も防水仕様でない…それに20S BTEは本体価格327万円なのでもう少し頑張れば348万円の25S Sports Appearanceも手に入るぞ!

てことで

  • Black Tone Edition

も候補から外れた。ちなみに20S BTEと25S Sports Appearanceの21万円の違いでスポアピには

  • エンジンが2.5L(馬力差30馬力) > PWR : BTE 10.32, スポアピ 8.77
  • CTSがある
  • IRカットガラス
  • マフラーカッターが大径
  • センターディスプレイが10.25インチ(通常は8.8インチ)
  • 助手席がパワーシート
  • リアにシートヒーターがある
  • ワイヤレス給電がある
  • 内装がブラックアウト
  • レザーシート

スポアピめちゃめちゃ充実してる。やはりBTE狙うなら頑張ってスポアピいった方がよさそうだ。

この時点で残ったグレードは

20S Field Journey
25S L-Package
Sports Appearance
Exclusive Mode

こんな感じ。では次に25Sを検討することにしよう。

25SのLパケとスポアピの価格差は5万円。この差により

  • マフラーカッターが大径
  • ワイヤレス給電がある
  • CTSがある
  • 外装がブラックアウトされている
  • 内装がブラックアウトされている

これらがスポアピには装備される。個人的には外装・内装ブラックアウトしているのが好みなのでプラス5万円程度ならLパケよりもスポアピが良さそうだ。なので

  • L-Package

は候補から外れた。次にスポアピとExclusive Mode(EM)の違いだ。スポアピ比+27万円でEMには

  • 樹脂部分がボディ同色で塗装されている
  • ホイールが高輝度シルバー
  • シートベンチレーションがある
  • 内装に本杢使用
  • シートがナッパレザー
  • BOSEが標準化

これらが装備される。さすがCX-5の最上位グレード。めちゃめちゃ充実してる。特にシートベンチレーションはめちゃめちゃ羨ましい装備だ。全身汗っかきで特に夏場のケツ汗がやばい私なので、あの「スゥ〜」とした感覚のシートベンチレーションはとても魅力!(ちなみにシートベンチレーションはシートから風が吹き付けるというより、吸い上げられる、という感覚です)

だけど私的には内装の質感がどうとかBOSEだと音が良いとかそのあたりは興味が無いので、実質シートベンチレーションに27万円出すようなものになってしまう。いやこれ高すぎだろ。ってことで

  • Exclusive Mode

これも候補から除外しました。となると残ったグレードは

20S Field Journey
25S Sports Appearance

この2つです!どちらもそれぞれの排気量でコスパの良いグレードということだ。両者価格差25万円。さてどちらがいいですかね〜。CX-5全体で抜群にコスパ良いのは20S FJだね。500ccの余裕が欲しいならスポアピだけど。この500ccプラスに25万円払えるかどうか、納得出来るかどうか、ですね。試乗しないと分からん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。