火. 9月 27th, 2022

何がしたいかと言うと

  1. 社員全員が閲覧可能なグループフォルダを作成
  2. その下に各社員専用のフォルダを個別に作成
  3. 各社員は自身のフォルダの全権限(閲覧・作成・削除)を持つ
  4. 自身のフォルダ以外は閲覧権限のみを持つ

という感じ。この権限の設定方法についてのメモ。以下の通り。

  1. (前提条件)全社員が所属する「一般」グループがある
  2. グループフォルダの設定で一般グループの権限を全て許可(Write, Share, Delete)
  3. グループフォルダの設定で詳細権限の管理者にadminを追加
  4. グループフォルダのrootフォルダ(つまり作成されたグループフォルダ)の詳細 > 共有 > 詳細な権限ルールを追加 から一般グループを追加
  5. 一般グループの権限を読み込み以外全て拒否にする
  6. グループフォルダ配下の社員用フォルダにて 詳細 > 共有 > 詳細な権限ルールを追加 から、このフォルダを所有させるユーザを選択
  7. ユーザの権限を読み込み以外全て許可にする(読み込みはrootフォルダの設定を継承しているので許可となっている)

これでグループフォルダ配下の各フォルダに個別に権限を設定できた。

ちなみに、上記「2.」で権限を全て拒否にしておけば上記「4.」と「5.」はいらないんじゃない?と思ったが、これだと上記「7.」を行っても許可権限を設定することが出来なかった(これでしばらく悩んでた…)。バグなのかこういうもんなのかは分からん。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。