250ccと125ccのバイクは一体どっちがいいんじゃー!

先日のエントリー『バイクの排気量の違いによる維持費の違いってどんなもんか』で、やっぱ125cc最強!となったわけだけど、パワーの少なさは置いておくとしてそんな125ccの一番とも思えるデメリットが

自動車専用道路を走れない

ということなのです。

これはただ単純に『高速道路が走れない』というだけではなくて、郊外のバイパス道路も走れないということになるし、一部の観光道路なんかも走れなくなるのだ。

いやしかし、これってどれぐらい困るのか想像がつかない。札幌在住の俺がパッと思いつくのは『国道36号線の室蘭新道』ぐらいだし(室蘭新道は実際に125cc以下は終日走行禁止)。

普通に国道走ってていきなり自動車専用道路になられると困るでしょ(前述の室蘭新道みたいに)。全国にはそのような道がもっとたくさんあるのか…なんて馳せていると

『二輪車通行規制区間情報』

http://www.jmpsa.or.jp/society/roadinfo/

なるサイトを発見。参考までに眺めているとやはり国道が自動車専用道路になっている箇所は全国に十数ヶ所は存在することが分かる。

と言う訳で125cc縛りでバイクを選ぶのは若干危険な予感。保険という意味でも250ccのバイクも一緒に調べてみよう。

以下、興味のある250ccと125ccのバイク達である。

※[エンジン形式], [最高出力], [乾燥重量], [タンク容量], [カタログ燃費], [本体価格]

ホンダ -250cc-

VTR-F

pic-color06

水冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒, 30PS, 163kg, 12L, 40.0km/L, ¥619,920

VTRに風防を新たに装備したロングツーリング仕様。基本的な性能はVTRと同じ。

VTR

vtr

水冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒, 30PS, 160kg, 12L, 40.0km/L, ¥598,320

ホンダ伝統のVツインエンジンを搭載したVTR。息の長いモデル&ホンダということで信頼性が高そう。”バイクっぽい”オーソドックスなデザインもよい。

CB250F

pic-color02

水冷4ストロークDOHC4 バルブ単気筒, 29PS, 158kg, 13L, 50.1km/L, ¥464,400

CBR250RのネイキッドバージョンであるCB250F。どこかのオーナーがブログで『このバイクはこれといった特徴が無いことが最大の特徴』と言っていたが、これはつまりオールマイティで使いやすいということなのだそう。そういうコンセプトはわたくし大好きであります。

ホンダ -125cc-

グロム

grom

空冷4ストロークOHC単気筒, 9.8PS, 102kg, 5.5L, 63.2km/L, ¥334,800

CB250Fと比べるとボディサイズが約0.75倍ぐらいのミニバイク。どこかのバイク屋の兄ちゃんが試乗して『ドゥカティのようだ』と言うぐらいであったから走りは良いのだろうな。でも明らかに積載量は…

フォルツァ125

Forza_125_01

水冷4ストローク単気筒4バルブSOHC, 15PS, 159kg, 11.5L, N/A, ¥648,000

こちらは逆輸入車。フルサイズスクーターで125ccってあんまり需要ないのかな?まぁスクーター選ぶならPCXっていう最強モデルがホンダにはあるからね。でもこのフォルツァは見た目がイカす。しかし値段高すぎ。

スズキ -125cc-

GN125

suzuki-gn-125-6

空冷 4ストローク 単気筒, 10.6PS, 110kg, 10L, N/A, ¥150,000

中国で製造されているスズキの125ccバイク。最大の特徴は新車価格¥150,000と爆安なとこ。

EN125

119-2

空冷・4ストローク・OHC・単気筒, 12.5PS, 112kg, 14L, N/A, ¥170,000

GN125の派生モデルであるEN125。エンジンの出力アップ、燃料タンクの容量増。新車価格の¥20,000差を考えてもGNよりこっちのが良いかも?

ヤマハ -250cc-

MT-25

color05_001zoom

水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ 直列 2気筒, 36PS, 165kg, 14L, 33.5km/L, ¥523,800

YZF-R25からカウルを取っ払ったストリートファイターMT-25。CB250FやZ250とジャンル的には同じ。しかしここで挙げたバイク達の中で出力は一番高い。その恩恵かネット上では『ロングツーリングが楽!』という意見がちらほら。

YBR250

97_color_173

空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ 単気筒, 21PS, 154kg, 19.2L, N/A, ¥399,600

こちらは逆輸入車でYSPのホームページで購入可能な車種として掲載されているYBR250。エンジンはセローと同じとのことで空冷単気筒。だから出力はちょっと控えめな21PS。しかし圧巻の燃料タンク容量19.2L!ツーリングに持ってこいなバイクだね。

ヤマハ -125cc-

YX125DX

LL_7113_20151107203105719Nhz

空冷 4ストローク SOHC 単気筒, 10PS, 121kg, 13L, N/A, ¥220,000

MTシリーズの流れを汲んでいそうなデザインのYX125DX。もしかしてYBR125にアンダーカウルつけただけ?

YBR125

100_color_182

空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ 単気筒, 10PS, 125kg, 13L, N/A, ¥258,120

YSPで購入可能な中国ヤマハ製造のYBR125。見た目125ccに見えないところが良い。

カワサキ -250cc-

Z250

z250

水冷4ストローク並列2気筒 DOHC4バルブ, 31PS, 170kg, 17L, 38km/L, ¥553,500

カワサキのストリートファイターZ250。他のメーカーのストファイと比べてタンク容量が大きいのが特徴かな?

カワサキ -125cc-

KSR Pro

ksrpro

空冷 4 ストローク単気筒 SOHC2 バルブ, 8.6PS, 95kg, 7.3L, N/A, ¥297,000

排ガス規制の関係で国内のラインナップから消えてしまったKSR。元々KSRはカブと同じリターン式のミッションだけどKSR Proは4速マニュアルトランスミッションとなり逆輸入車として新車で購入可能。

Z125 Pro

z125pro

空冷4ストローク単気筒 SOHC 2バルブ, 9.7PS, 102kg, 7.4L, 50.0km/L, ¥345,600

KSR Proの代わりにというかホンダ・グロムを意識しまくりな感じで登場したZシリーズ最小排気量のZ125 Pro。実際の走りはどうなんでしょう?

と言った感じでずらーっと挙げてみた。

結局何が良いのかは結論出ず…笑

Pocket

コメントを残す