バイクの排気量の違いによる維持費の違いを計算してみた

突然だがバイクには排気量を基準に分けると大まかに

~50cc
~125cc
~250cc
~400cc
401cc~

こんな感じにクラス分けすることが出来る(本当は~90ccもあるけど今回は除外)。俺は普通自動二輪免許を持っている。これは排気量400ccまでのバイクに乗ることが出来るものだ。

例えばここでバイクを購入すると言った場合に頭を悩ませるのが『どの排気量クラスを選ぶのか』と言うことだ。普通自動二輪免許を持っている俺の場合、400ccまで乗れるのだから400ccを買っておけとは素直に行かない、これがバイクを選ぶ楽しさでもあるがこれはなぜかと言うと、400ccまでのバイクには車検があって250ccまでのバイクには車検が無い、つまり排気量の違いによって維持費が変わってくるのである。

…と、ここまでが以前よりの漠然とした認識であった(俺の中で)。車検の有無の他に税金、任意保険などの経費を考慮した場合、排気量が小さいほうがオトクなのだろうと勝手に思ってしまうが本当にそうなのか?調べてみたら意外にそれぞれの排気量で大差なかったりして?

てなわけで排気量別にバイクの維持費についてそれぞれ概算を出してみた。

試算に使用したバイクはそれぞれ

車名 燃費 タンク容量
~50cc ホンダ モンキー 100km/L 4.3L
~125cc ホンダ グロム 63.2km/L 5.5L
~250cc ホンダ CB250F 50.1km/L 13L
~400cc ホンダ CB400SF 31.0km/L 18L
401cc~ ホンダ CB1300SF 26.8km/L 21L

以上である。試算の結果、それぞれの年間維持費はこうなった

任意保険※1 燃料※2 車税 重量税※3 自賠責※4 車検※5 合計
~50cc ¥10,090 ¥3,300 ¥2,000 なし ¥4,935 なし ¥20,325
~125cc ¥10,090 ¥5,221 ¥2,400 なし ¥4,935 なし ¥22,646
~250cc ¥24,030 ¥6,586 ¥3,600 なし※6 ¥7,145 なし ¥41,361
~400cc ¥24,030 ¥10,645 ¥6,000 ¥1,900 ¥6,820 ¥20,000 ¥69,395
401cc~ ¥24,030 ¥12,313 ¥6,000 ¥1,900 ¥6,820 ¥20,000 ¥71,063
※1 三井ダイレクトで試算
※2 年間3,000km走行、ガソリン1L=¥110で計算
※3 重量税は初年度登録から13年未満のもの、2年間分を2で割って1年分として計上
※4 自賠責は2年間分を2で割って1年分として計上
※5 お店に車検を依頼したと仮定(各種税金は除いたもの)、2年に一度であるから1年分に再計算
※6 取得時に¥4,900かかる

ちなみに、我が愛車ホンダ・エレメントの維持費はどーなってるかというと…

任意保険 燃料 車税 車検 合計
¥36,000 ¥60,000 ¥45,000 ¥75,000 ¥216,000

高っ!(´Д`;)

おまけに駐車場代も含めるともっと高くなる…こうして見るとバイクってのは圧倒的に車より維持費が安いということが分かる。

しかし注目すべきは別のとこ。上記のバイク年間維持費表を見て気づくところ。それは…

125cc(原付二種)のコスパの高さ!

『ゲ・ン・ツ・キ』と言っても50ccの原付とはかなり勝手が変わって

・二人乗りができる
・法定速度は最高60km/h
・二段階右折不要

と、原付と銘打ってはいるがほぼ、普通のバイクと変わらない使い勝手なのである。それでいて自動車保険に付帯のファミリーバイク特約で任意保険料がすごい安くなったりおまけに125ccエンジンだから燃費も良いしで、コストパフォーマンス激高なクラスなのだ。

そんな125ccクラスで最近もの凄く気になっているバイクがある。

98_color_175

YAMAHA YBR125 ¥282,960

ヤマハの海外向けモデルでいわゆる逆輸入モデルだ。逆輸入車なのでヤマハ発動機の国内ホームページには載っていないけど、YSP(ヤマハの正規ディーラー)のホームページには購入可能な車種としてバッチリ掲載されている。

YSP – Yamaha Sports Plaza
https://www.ysp-members.com/

YBR125は元々ブラジルで生産されていた海外専用モデルだけど、最近生産の拠点を中国に切り替えたようだ。

色は他に

98_color_176

黒と

98_color_177

赤がある。赤がいいかんじ!

ただし125ccなのでパワーは無い。このYBR125だと車重126kgで出力は10馬力。自分の体重65kgを加算してパワーウェイトレシオを算出すると…19.1kg/hp。ちょっと前の軽自動車なら低グレードのものでこれぐらいのパワーのものがゴロゴロあったはずなので、実用には全く問題が無いと思われる(例えば2004年式スバル・プレオのAグレードは車重880kgに出力46馬力で19.13kg/hp)。

パワーは無いけどその代わり燃費は良さそうで50km/Lは行くようだしタンク容量が13Lもあるからツーリング時にガソリンスタンドを気にする心配は無さそう。

国内モデルで125ccのネイキッドって見当たらないから、スクーター以外で125ccが欲しいなら間違いなく購入候補の上位にくるだろうなこのYBR125は。

いやーしかしいいな、125ccは…ゴクリ

Pocket

コメントを残す