つい先日の日曜日にアクセラの一ヶ月点検を診てもらいにマツダのディーラーまで行ってきた。最近では路面の雪もすっかり溶け、アスファルトが表出しているところばかりであるので、夏タイヤへの交換もお願いしたのであった(一本540円)。

そしたらこのブログを書いている今日は吹雪となった。まったくもう。

車を整備工場で診てもらっている間、待ち時間が結構あったのでロードスターRFに試乗することにした。

ロードスターのハードトップ版でファストバックと呼ばれるロングノーズ+ショートデッキのスタイルがとんでもなく格好良い。スタイルで言えば今ある日本車の中で一番イケてると俺は思っている。

エンジンは通常のロードスターの1.5Lから2.0Lのものに変更されており、これは以前アクセラに搭載していたものと同じであるとのことだが、60%のパーツが新調され出力は30馬力近く上がっているとのことだ。

おまけにこの試乗車はオプションのBBSホイールとブレンボのブレーキがインストールされた贅沢仕様。

この日は天気が良かったので早速オープンにしてみる。幌と違って全開にはならず、いわゆるタルガトップと言う屋根だけ開かれる状態になる。これが全自動でしかもちゃんとルーフが格納されるんだから凄い。S660は手動で幌をクルクルしてボンネットに自分で収納しないといけないんだからな。

試乗車はもちろんMTである。早速出発してみる。ガクガクプスン…

エンストしてしまった。ディーゼルのアクセラとの違いは明確で、NAエンジンは発進時のクラッチ操作がシビアである。

シフトはアクセラよりもショートストロークでガシガシ入る。途中、レッドゾーンまで回してみた。エンジンの唸りも悪くなく、元気よくキャビンに届く。

二人乗りだしオープンカー(タルガトップだけど)だしFRだしMTだし…しばし優越感に浸り、ディーラーに戻ってきた。

まだアクセラの整備には時間がかかるとのことで、営業マンとテーブルで話していた。俺の行っているマツダディーラーの隣にはベンツのディーラーがある。俺の座っているテーブルからCクラスクーペがベンツのディーラーに入っていくのが見えて

俺『いやー、やっぱ車はクーペが格好良いっすよねぇー。俺は特にAMG GTが好きなんすよ!』

って話をしてたら

営業マン『確か隣のディーラーにAMG GTが展示してあったはずなんで見に行きましょう』

ってマジかオイ!

見てきた。

なぜかマツダに行ってメルセデスベンツ・AMG GTを見学してきちゃいました(笑)

※ここのマツダとベンツのディーラーは経営会社が一緒らしい

そうこうしているうちにアクセラの点検が終わった。特に異常は無かったようである(まだ納車して一ヶ月)。

次の点検は6ヶ月点検なので5ヶ月後の9月頃か。

現時点で総走行距離は約2,000kmってとこなので、9月にはオイル交換も一緒にやってしまおうかしらねぇ。

Pocket