OPINEL(オピネル)のナイフを買ってみたぞ

OPINEL(オピネル)はフランスの刃物メーカーで、歴史は古く、1890年にジョセフ・オピネルさんがフォールディングナイフを作ったことに端を発したんだそうだ(Wikiそのまんま)

世界的にオピネルって言うと、柄が木で出来た物のことを指すそうで「オピネルの何番!」って感じにサイズの数字で呼ぶのが普通なのだそうだ。さらにオピネルは「安い」。これも特徴の一つで、大量生産による恩恵だ。

ってことで俺もオピネルデビューしてみたぞ!前からキャンプで使うナイフ(野菜を切ったりとかね)欲しいなーと思っていたのだ。

DSC07776

秀岳荘で1800円だった。同サイズの他のナイフに比べると半額以下だ。さすがオピネルってとこか。

他のナイフ達は大事そうにケースの中に飾られているのに対しオピネルは無造作にゴロゴロとバスケットの中に置かれている。サイズもバラバラだから適当なものを探すのだ。在庫の中で一番大きな9番を買ってみた。

DSC07777

10本入りのコレクションセットってのも売ってるんだって。欲しくなるなぁw

outdoor_img_05

ちなみに日本の輸入販売元はあの高級車ディーラーでおなじみのコーンズだったりする。

DSC07779

柄の部分にサイズ表記がある。

DSC07780

ちゃんとMade in Franceとも書いてある。

DSC07778

刃の材質でちょっと値段が変わる。カーボンスティールとステンレススティールの二種類だ。カーボンスティールは研ぎやすく切れ味良い、ステンレススティールは錆びないっていう特徴がそれぞれある。ステンレススティールの方が400円ほど高い。

よく考えずに安いからカーボンスティールを買ったけど錆びさせないよう気をつけないとな。この間バーベキューをしたときに早速使ってみたんだけど、刃先の汚れが良い感じではないっすか?っていうかこれは研いでビカビカにした方がいいのかな?とにかく使ってみるしかない!

Pocket

コメントを残す