つい先日購入した新型NEXUS 7はサイズがサイズなのでカバンに入れて持ち運んでいます。画面が大きいのでそのままカバンに入れてしまうとキーケースやら財布やらと干渉して傷が付いてしまわないか心配です。そこでフリップタイプのケースを探していた訳なのだけど

ASUSの純正ケースはいかにも純正のようで味気ありません。

asus

ASUSの純正ケース

ね?純正はやっぱり純正っぽい雰囲気でしょ。それでもっと雰囲気のあるケースを探していました。

そうするとプリンストンのPLC-NX7シリーズがいいなと思ったのです。

nexus7case_navy

PLC-NX7NV(ネイビー)

nexus7case_red

PLC-NX7RD(レッド)

nexus7case_camel

PLC-NX7CL(キャメル)

このケースはフリップの固定はどうするの?まさか写真の通りヒモでぐるぐる巻くっていうんじゃないだろうね?(めんどくせー)と、お思いでしょう?

DSC06684

実際にそうなのですよ。これちょっと面倒くさいです。

実物がここにあります。色の選択は男っぽくネイビーにしました。

DSC06685

このグルグル固定、結構面倒くさいので最近は

DSC06687

一回正面のペンホルダーを通して残りはサイドのペンホルダーに引っ掛けるか

DSC06688

全てサイドのペンホルダーに束ねてしまうか

このどちらかです。でも圧倒的に後者のが多くなってます。前者すら面倒くさいからです。サイドのペンホルダーに全て束ねるとケース正面のペンホルダーが空くので、ここにタッチペンなぞを引っ掛けておくと格好がよいかもしれません。

ケースのディテールについて何枚か写真を載せておきましょう。

フリップを開くとカード入れとその下に小さな収納があります。

DSC06689

ここに何のカードを入れ何を収納すべきかはまだ思いついていません。名詞でも入れておきましょうか。

DSC06691

新型対応なのでもちろん背面カメラ用の穴も開けられています。カメラって意外と使うんですよねー。

DSC06694

フリップをひっくり返してケース裏側の出っ張りに引っ掛けると

DSC06695

ちょっと角度が付いてQWERTY入力用スタイルに変身します。しかしタッチパネルのQWERTYキーってかなり打ちづらいですからね。このスタイルで使うことはあまり無いでしょうね。

このケース、ヒモでのフリップ固定は面倒くさいけど全体的には満足な買い物でしたかね。

Pocket