しかしモラップキャンプ場はとても良いキャンプ場だったのです。

夕日に照らされた恵庭岳を眺めながら静かな湖畔で一杯のウィスキーを傾けて

DSC08396

というのは無理でした。8月16日(土)のモラップキャンプ場は人だらけだったのです。湖畔はすでに先客が占めており我々が近づける余地はありません。しかしおそらく世の中、13日(水)~15日(金)をお盆休みとする人が多いはずで、墓参りも終わったし16日(土)はキャンプでも行っかぁ~となるのは容易に想像できることです。

湖畔から離れた駐車場側の空いたスペースでサイトを構築します。

DSC08433

手ごろなサイズの焼き台をホーマックで購入。コールマンだし赤いしなかなか洒落てる、いい買い物をしたと思います。

DSC08399

モラップキャンプ場はゴロゴロした軽石が多いので燻製用のカマドがこのように作れます(友人作)。

DSC08406

つぼ鯛おいしいれす(^q^)

DSC08425

おやすみなさい。

 
【二日目】

もう一人友人が合流し、船を出し釣りをすることにしました。

DSC08441

300mmの望遠を携えた彼は時おり「ようじょようじょ…」と意味不明な単語を口走っており、船酔いでもしていたのかと思われます。

DSC08442

見ろ!人がゴミカスのようだ!

ボートってたのしー!

DSC08458

しかし成果はゼロであった…

米が驚くほど簡単に炊けてしまうというコールマン”ライスクッカー”。

DSC08480

米3合(炊きすぎw)がいとも簡単にほっくほくで炊き上がった。すごいぞコールマン!

DSC08500

おかずには豚串。

IMGP3605

こうして飯が充実した二日目は終了したのである。

IMGP3594

おやすみなさい。

 
【三日目】

モラップキャンプ場で二日過ごしてみたわけだが、テントで二泊するってのは相当な慣れが必要なのだなと感じた。よく寝たとは思ってもちょっと疲れてるんだな。マットと寝袋と枕を見直すともう少しよくなりそうではある。

早朝から釣りを行う。

DSC08548

DSC08569

が、やはり成果はゼロであった。

本日は全道的に雨の予報、モラップキャンプ場を引き上げ次のキャンプの予定はキャンセルし帯広へと向かった。

DSC08586

北海道ホテルにて

居酒屋で手羽先をたんまり食べて、大浴場に浸かり、就寝前にホテルのサービスであるビールを飲みたっぷりと寝てやった。やはり布団は最高だ!

 
という夏休みであった。今年も良い休日であったな!GAHAHA!!

Pocket