毎年この時期になるとニセコに遊びに行く。今年は三泊四日の日程でスノーボーディングを楽しんできた。やはりスノーボードは一人ではつまらない、仲間でワイワイするのが楽しいスポーツだ。

ところで今年ニセコへ行ってふと思ったのが、スノーボードよりスキーの方が人口が多いなということ。外国人だらけのニセコにおいてこのようなのだから海外ではブームがスノーボードからスキーへの回帰が始まっているのかと思った。

初日は毎度のことながらニセコサヒナキャンプ場でバンガローを借りてキャンプを行った。去年はテントを持っていって外で寝ようと頑張ったが寒すぎて無理だったので、今年は真っ先にキャンプ装備からテント一式を取っ払った。お陰で荷物は去年と比べて大分簡略されたように思える。

DSC01333

ニセコ サヒナキャンプ場

途中、バゲットを調達しようと寄り道した真狩村のパン屋『ブーランジェリー ジン』は残念なことに臨時休業だったので倶知安市街のマックスバリューのパン屋で代わりを買った。ブーランジェリー ジンは夏にバイクでフラッと訪れてみたい。

しかしさすがニセコに隣接する倶知安町である。市街のホーマックでは

DSC_0305

スキー・スノーボード用のメンテナンス用品がズラッと揃う。同店内ではセルフワクシングが行える作業スペースも設けられていた。

ニセコサヒナキャンプ場ではバンガロー『クリ棟』を事前に電話予約しておいた。

DSC01336

DSC01338

ひとまずビールで乾杯!

DSC01341

DSC01342

『北国でのコロナビールは最高だな!GAHAHAHA!』

マックスバリューにてカレー・シチュー用野菜詰め合わせを発見したのでクリームシチューを作ることにした。

DSC01352

DSC01356

十数分後…

DSC01362

めっちゃ美味いやんけ!

夏のキャンプの時にもやってみよー(*^○^*)

その後はバンガローに戻り『秋山優花里の戦車講座』を見ながら寝袋の中でゴロゴロした。

DSC01367

 
次の日は昨日の天気とは180度打って変わって超快晴となった。

DSC01369

友人がベーコンエッグを作り俺がシチューを作るという完璧な分担で朝食を準備し、前日に余ったバゲットをつまみながらコーヒーをすする。なんて優雅な朝だ!

DSC01372

優雅すぎてグラン・ヒラフでこの日に合流するもう一人の友人との待ち合わせに三十分遅刻した。すんませんでした。

超快晴の中のニセコ全山はとても気持ちが良い。今回は特にアンヌプリが良かった。新雪は少ないがゲレンデ脇のツリーランは迫力があって楽しい。アンヌプリは田舎のスキー場のような雰囲気が残っているところが好きだったけど、最近じゃゲレ食のメニューは英語が全面だし外国人も多いしですっかりリゾート地なのだな。

DSC_0316

DSC_0317

この日は『ひらふ亭』に宿泊した。温泉・部屋ともに満足した。

 
三日目、朝食会場で関西弁を喋る女と外国人が何やら揉めている。どうやら外国人の子供に関西人の女が蹴りを入れたらしい。わざわざ旅行に来て何やってんだかと呆れ返る。仕舞いには警察が駆けつける事態となっていた。

今日も朝から全山を滑ろうと意気込んで前日に何も考えずローソンで全山の割引リフト券を購入したのだが、当日は山頂強風により他のスキー場へアクセスするためのリフトが運行していないとのことで、この全山割引リフト券は後日の使用にまわすことにした。という訳でグラン・ヒラフから昨日楽しかったアンヌプリへ移動することにした。

この日の天気は朝から雪である。

DSC_0320

『アイヤー!昨日の晴天がウソみたいな天気アルね!!』

DSC_0321

『でも滑るのには関係ないやろ!とにかく行くでぇ!』ドヒューン

 
 
DSC_0326-2

 
 
DSC_0326

 
 
DSC_032600

なんも見えんわ!!

雪+ガスのお陰で視界がゼロ!

自分が動いているのか止まっているのかすら分からなくなる視界の悪さ、つまり足元すら見えないと言うことである。ゴンドラの中でさえガスの侵食により視界が悪く感じたので、これは相当濃いガスであろう。

スキー場にいながらにして遭難の恐れありとは…さすがニセコである。

十分注意しながら二~三本滑って、アンヌプリの食堂でお昼ご飯にした。

DSC_0331

ジンギスカン定食 ¥1,500

このジンギスカン定食がマジで美味かった。値段はちょっと高いけど、それなりに量があってこの味ならゲレ食としては十分満足できるものであると思う。正直もう一度食べたい…ゴクリ

アンヌプリを5時間券で滑り終わり、今日の宿『ニセコ パークホテル(ひらふ亭のほぼ隣)』にチェックインした。三日目の今日はひらふ亭の部屋が空いていなくて連泊できなかったのだ。パークホテルは若干の古臭さを感じるが、朝食バイキングは美味しかったし部屋についてもスキー・スノーボードで疲れた後に布団で休む分については全く問題ない。ただしトイレが共同ってのはちょっと面倒くさい。

ひらふ坂の下の『和 nagomi』という昨年11月にオープンしたばかりの居酒屋で軽く酒でも…と、思ったのだが店員の兄さんとの話が弾んで楽しかった(歳が近くてアウトドア趣味であった)のでついついビールから日本酒へとちゃんぽんしてしまった。しかし気持ちの良い酒であったな~。

帰りは平岸の文教堂に寄って戦車のプラモデルを買って帰ってきた(唐突)。今年も良い冬休みでした。

Pocket