リアスプロケットを洗浄した!

自転車を部屋に持ち込んでブレーキパッドの交換をしたついでにリアスプロケットの洗浄を行った。

DSC00636

とても…きたないです…

用意するものは、クレ5-56、パーツクリーナー、歯ブラシ、ウェス(手ぬぐい的な)である。

それでは作業開始!

1.リアスプロケットにまんべんなくクレ5-56を吹きかける

DSC00637

2.歯ブラシでこすって汚れを浮かせる

DSC00638

白かった歯ブラシがあっという間に真っ黒!

3.パーツクリーナーをこれでもか!というぐらい吹き付けて汚れを落とす(この時ホイールを縦にして吹きつけてやらないとホイールの回転軸に液が流れ込んでしまい、グリスが溶け出してしまう)

DSC00639

汚れがしたたってきます!

DSC00640

4.ウェスで歯と歯の間を拭く

DSC00641

するとほら!

DSC00642

きれいになって…ない!ように見えるけど作業開始前と比べると圧倒的な美しさです。きれいに見えないのはブラックの塗装が剥がれてきてしまっているから。

ちなみに埃を巻き込んで汚くなるとの理由からリアスプロケットには注油はしない方が良いようですよ。

さらにさらに、当然ながらこの作業は屋外でするべきでした。中毒注意!

 
参考

自転車スプロケットの洗浄は5分で完璧にできます! – 彩 on your world

自転車のスプロケットに注油は必要でしょうか? – Yahoo!知恵袋

Pocket

コメントを残す