パソコンを組み立ててみる

それじゃさっそく

①天板とサイドパネルを外す

②電源を取り付ける。このクーラーマスターの電源めっちゃ派手なペイントが入っててかっこいい

でも取り付けるとまったく見えなくなってしまう…

③マザーボードを台座にセットしてCPU、CPUクーラー、メモリを取り付ける

ASUSのマザボ。おっしゃれー

AMD A8-3870と標準で付いてくるCPUクーラー

メモリはセンチュリーマイクロの。かっこいい!!

これらを取り付けていざケースへ

④んで後はDVDドライブとハードディスクとメモリーカードリーダを取り付けて配線をごにょごにょする

はい!

…配線キタネェッス

このケースはちゃんと裏面配線できるようマザボの裏にスペースがあるので電源やらその他のケーブルはマザボ裏を経由して配線すると良い。見た目が良いだけじゃなくて冷却にも影響するからね。

配線を整理したらパネルを閉じて、いよいよ火入れの時です!スイッチを入れる…

「ヒュイン…」と、ファンが一瞬回る。だが電源が入らない。え…?何度押しても同じ。ファンが一瞬回るだけ。うそん…

もう一度マザボの配線を確認してみると

なんだかよくわからない電源ソケットに線をさしてなかった。ということで電源からこのソケットに配線をして…すいっちおん!

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!! BIOSカッコヨス(*´д`*)

そしてOSのインストールを終え、その他のポートも無事認識。ここで忘れちゃいけないのが、マザボに添付されてくるDVD-ROMを使ってEthernetやグラフィックのドライバをインストールすること。ちなみにわたくし全くその点に気づかずWindowsエクスペリエンスインデックスを見ては「何でグラフィックスコアが1やねん!!」と……

ちゃんとグラフィックドライバをあてたらほら、この通り

メインのマシンとして長く使えそうな良いCPUであると思う。

以上、良い経験でした。

Pocket

コメントを残す