ニセコは良いところです

先日二泊三日でニセコに行ってきた。毎年友人の冬休みに合わせてニセコへ行っているのだけど、今年は少し趣向を変えて初日をキャンプとしてみることにした。

キャンプの舞台はニセコ・サヒナキャンプ場だ。

サヒナキャンプ場
http://sahina-mulberry.com/sahina/index.html

冬でも営業してるし、設備は整ってるし、場内の雰囲気も良いしで素晴らしいキャンプ場だったなぁ~。

キャンプもするしスノーボードもするしで荷物は一人分とは思えないほどになってしまった。

DSC09629

どっさり…

焚き火台をレンタルして(1500円)薪を買って(買い物カゴいっぱいで800円)、出来上がった炭でオーストラリア産の牛ステーキを焼いてコロナ・ビールを飲むのだ。寒い、が、美味い。

DSC09631

DSC09657

今回の冬キャンプの格好は

トップスがニット帽+Tシャツ+長袖のシャツ+フリース+ダウンジャケット+ハードシェルで、ボトムスがスニーカー+厚手の靴下+タイツ+ロングパンツ+スノーボードパンツ

である。気温は0度付近だったけど、この組み合わせでガタガタ震えることも無く過ごせた。でも外で過ごすなら焚き火は必須だね。メシの準備とかで常に手袋していられる訳じゃないから冷えた手を温めるためにはやっぱり焚き火なのだよ。おまけに雰囲気も良くなるし!

DSC09680

※火の粉でウェアが溶けちゃわないように気をつけよう

それではメシ食って酒も飲んで満足したので早速お休みしたいと思いまーす!

DSC09685

 
(スピー…Zzz)

 
(フゴー…Zzz)

 
いやちょっとまて

 

やっぱ寒いからバンガローで寝よう!

 

バンガローもあるよ

サヒナキャンプ場にはバンガローが4棟ある。

こうなる事態も想定してバンガローもちゃっかり借りていたのだ。どこにテントを張っていたかと言うと

DSC09660

ペグは打ってないよ

ここ。

テントが邪魔wwwww

冬キャンプのテント内の雰囲気が知りたくて一応張ってはみたけど…やっぱりストーブの暖気でぬくぬくのバンガローに逃げ込んでしまったというわけだ。前述のトップス&ボトムスの格好にロゴスのスモールフェザーシュラフEVO-2でも寝られないことは無さそうだけどな。

DSC09688

ロゴスの寝袋のお陰で快適だぜ。

昼間は雪がチラついていたけど、夜には晴れ上がり星が綺麗だった。

nisekosahina

そして寝た。

二日目

友人夫妻が合流しニセコ全山を滑り尽くす(しかしニセコ大きすぎて一日じゃムリ)。相変わらず日本人を探す方が難しいぐらい外国人だらけである。

天候快晴、羊蹄山の迫力にビビる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

終始穏やかな天候のまま二日目終了。

三日目

ホテル リゾート・イン・ニセコで朝を迎える。二日続けて冬キャンプはやってられんからな。

ホテル リゾート・イン・ニセコ
http://www.e-niseko.com/

DSC09751

ロフト付きの珍しい部屋だった。ホテルと言うより民宿またはペンションと言った感じかな。オーナーっぽい男性が感じの良い方だった。ぜひまた来たいと思った。

ニセコモイワでWANDに試乗

パウダーボードに長期試乗中である(職場の仲間から借りてるだけ)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

“WAND(わんど)”という日本のブランドだ。モデル名は…よく分からん。しかしこれがすこぶる調子良いのだ。

普段乗っているLibtechのDukeでパウダーに突っ込むと

USS_Maine_(SSBN-741)

こうなる。前の方から沈んでいく。

そうならないように後ろに体重を掛けて滑ると後ろ足が非常にシンドイ。

ところがこのWANDに乗ると

IMG_2055

こんな感じ。浮く、浮く、浮きまくる!そして軽快!

このWANDのお陰でモイワスキー場のパウダーを楽しむことが出来ました!ちょっとゲレンデから外れただけでこんなにも楽しいとは!まさに新境地!!あの浮遊感はクセになるぅ~。

と言った具合に、ニセコを満喫してきたのでした。

Pocket

コメントを残す