やっぱり自転車にはサイドミラーが必要のようだ

通勤途中、久々にヒヤッとしたぞ。

自転車で道路の路側帯を通行していると、店舗に入るため左折しようと路側帯へ進入するクルマを道路側に避けてパスするという事によく出くわすわけだが、本日、危うく避け損ねてそれに突っ込みそうになったのだ。

原因は路側帯へ進入したクルマを避けるための後方確認に時間をかけ過ぎたこと。これにより予想以上に左折車両に近づいてしまったというわけだ。

後方の目視をもう少し短く出来るようにするためには常に右後方に注意をはらっていれば良い訳だけども、音だけで状況を判断するには限界ってもんがある。やはり視覚でも捉えられた方が良いのだろう。となればやはりサイドミラーであろう。

「自転車 サイドミラー」で検索してみると

mirror1

mirror2

こんなんばっか。あまりにも事務的過ぎないかいこのデザインは。

mirror3

こちらはバーエンドにミラーを組み込んだタイプのサイドミラーだ。台湾の自転車パーツメーカであるトピークのものだ。

バーエンドバーってんだからバーエンド(ハンドルの端)に取り付ければ十分サイドミラーとして機能するだろう。しかし俺のチャリのバーエンドバーはセンターに取り付けてあるのだ。これではサイドミラーの意味が無い。というわけでこの製品もダメだ。

しかしコレはいいぞ。腕に取り付けるサイドミラーだ。

raerviz1

rearviz2

rearviz3

rearviz4

Rear Viz:http://www.rearviz.com/index.php

Rear Vizというウェアラブル系サイドミラーだ。最近流行ってるよねウェアラブル系って。

日本への正規輸入は無いみたい。販売店を探してみても楽天で4店舗見つかるだけ。

img59856568

しかも黒だけ!

いやー、俺は緑が欲しかったんだけどなー。eBayとかで直接輸入するしかないのかしらね。

ところで、以下はとあるネットショップでの注意書き

人ごみ(コンビニや駅)に入るときは、必ずミラーを閉じてください。腕時計のようなスタイルになります。昔大学教授が手鏡を持っていて逮捕されたことがありましたが、痴漢に間違われないようにご注意ください。

確かにその通りだわ。笑

Pocket

コメントを残す