さて、そろそろカメラのレンズを買う時期がやってきたようだな

NEX-7を買って早9ヶ月。純正レンズには満足してるけど、そろそろ18-55mm以外の画角での撮影もしてみたい。

純正レンズは18-55mmのいわゆる3倍ズームレンズなんだけど、実際使ってるのは18mmの広角側ばかり。望遠での撮影ってあんまりしない。まず55mmってのがどうも中途半端な感じ。どうせ望遠なら200mmから500mmは欲しいってもんだ。

で、純正レンズからのステップアップとして買うべきレンズは何か?って話。いやまぁ答えはもう書いてるんだけどね。「広角しか使ってない」ってんだから広角レンズを買うべきなんだ。18mmより広角、超広角レンズってやつ。これからボーナスシーズンなのでレンズを買うには今しかない。なので購入候補にあがりそうなレンズをまとめておく。

まず、NEX-7はEマウントだ。このEマウントに対応する18mm以下のレンズはSONY純正のSEL16F28がある。その名の通り16mmでF2.8の明るめレンズ。

さらにこのレンズには、レンズの先端に取り付けるコンバージョンレンズも用意されている。

画角が10mm相当になるVCL-ECF1 フィッシュアイコンバーターと

画角が12mm相当になるVCL-ECU1 ウルトラワイドコンバーターとがある。

それぞれ値段(ヨドバシカメラ参考)は
SEL16F28:¥24,700
VCL-ECF1:¥13,800
VCL-ECU1:¥9,980

となる。SEL16F28はヤフオクなんかだと¥10,000前後で取引されてたりするので、NEXで超広角撮影をしたいならこれらの組み合わせが手軽で良いと思う。

次に、これから発売が予定されているEマウント用の超広角レンズ。噂じゃ11-18mm F4らしいけど、いまいち発売日含めて情報が出てこない。今年中に出るって言うなら購入候補にあがるんだけど…

 
と、ここまでがEマウントの話。本題はここから

Eマウント用のレンズアダプタにLA-EA2ってのがある。

ミラーレスがミラーレスではなくなってしまう面白アイテム。

種類の豊富なαのレンズの方が将来的に長く楽しめそう、さらにアダプタ介して純正以外のレンズを付けてるカメラってカッコいい(特にボディの小さいミラーレスにデカいレンズを付けるスタイルは魅力的)、こんなことを思ったわけだ。

αで使える超広角レンズで今のところ購入候補にあがってるのは

タムロン SP AF10-24mm F/3.5-4.5

ソニー SAL1118 DT 11-18mm F4.5-5.6

シグマ 10-20mm F4-5.6

トキナー AT-X 116 PRO DX F2.8

この4つ。いずれにせよLA-EA2と組み合わせると10万円近くなってしまうが…この中だと、うーん、トキナーが良いかな?

もう少し検討が必要ですね。

Pocket

コメントを残す