ぐっすりと眠るためには防水スピーカーを持って風呂に入るとよい

僕だけでしょうか?長風呂から上がったあとってなんとなーく心地よい疲れ方をしてたりするでしょう。そうしたらいつもより早い時間に眠気がきたり、さらにいつもより眠りが深かったりしかも疲れも取れている!っていうことが風呂に入ったときに多いってこと。

でも僕は一人暮らしで水道・光熱費の節約のために毎日風呂は沸かせない。一週間に二回ぐらいかな?でも、かえってそれぐらいの方がたまにの気分転換にもなって良いんじゃないかなと思う。一人暮らしだとシャワーだけで済ませる人も多いだろうけど、「あーなんか調子わりー」って時には風呂がおすすめ。

で、風呂もただ入ればいいってもんじゃない。入浴の時間が大事。ちょっと熱いぐらい(40℃とか?)に10分入って身体やら頭やら洗ってまた10分入るととても良い。まぁこれは僕の場合なんだけどな。そのときに「防水スピーカー」を持って入るととても良いよってのが今回のはなし。

DSC04527

Audio-technicaのAT-SPP40W

これで音楽を聴いたりYoutubeとかニコ動で動画見ながら風呂に入ると気づけばポカポカ!ってことなわけだ。

このスピーカーは裏にスピーカーが付いていて風呂の壁に反射させて使う使い方を想定しているらしい。僕は普通に使ってるけどね。

DSC04530

iPodを入れるとこれぐらいに収まる。最近のデカスマホだとどうかな?ちょっとギリギリかも。

DSC04533

音質は…低音はもちろんきかない。でも音はとてもクリア。壁に反射させると若干こもるけど風呂で使う防水スピーカーにはそこまで求めちゃいかんってもんでしょう。

値段安いしスマホいじれるし防水だしBluetoothいらないしとても画期的な製品じゃないですかね?

Pocket

コメントを残す