お気に入りのAKGのヘッドホンが壊れたので自分で修理してみようと思う

パソコンにヘッドホンを挿して音楽を聴く→ヘッドホンしたまま飲み物を取りに冷蔵庫へ行こうとする→ケーブルが伸びきってしまいプラグの根元に変な力がかかる→プラグが変な方向に曲がる→あれ、なんか片方から音が聴こえないぞ→断線か…(´A`)

という経緯でお気に入りのAKGのヘッドホンが壊れてしまった!

DSC07979

シンプルで音も良くてコンパクトだから気に入っていたのに…短い命だった。

と、諦める前に自分で修理してみることにした。”ヘッドホン 断線 修理”でネットで調べて「簡単になおるよ!」ってことなのでやってみることにした。

用意するもの

交換用プラグ

DSC07982

OYAIDE P-3.5SR 3.5mm ステレオミニプラグ

新品価格
¥1,030から
(2014/7/16 00:06時点)

はんだ

DSC07983

あとは、ニッパーとかライターとか。

まずニッパーで断線箇所より先を切断する。

DSC07986

皮を向いて「ビニールでコーティングされた線を2本」と「そうじゃない銅線むき出しの線」を表に出す。コーティングされたケーブル(赤矢印の線)のビニールをライターで溶かしてしまう。

DSC07991

コーティングされていない線はまとめて、結局は線は3本に。

DSC07993

はんだで固定していく。

DSC07994

はんだ付けなんて中学の図工の時間以来だぜって…やっぱりうまく出来ない!なぜ素直に思った場所に固定できんのだコイツめ!!

DSC07995

(´・_・`)

なんか汚いけど、一応左右から音が聴こえてるから良しとするか。

DSC07996

カバーしちゃえば分からんもんだな。

あれ、このヘッドホンってこんな音だっけ…?ていうかちょっとケーブルいじると左右の音にバラつきが…?これはあれだ

\(^0^)/

もう面倒くさいから新品買うわ。

Pocket

コメントを残す